読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性専用車という制度について。


公共交通機関が「市民の中である属性を持つ人はある種の犯罪を起こしやすいので、その属性の人はこちらの車両には乗ってはいけません」という措置を取るのは、ほとんど定義通りのジェンダーアパルトヘイトであり差別であって、その制度が悪であることは明らか。
しかしながら、日本ではあまりに多くの女性が痴漢被害にあっておりその頻度と犯罪の悪質さは看過すべからざるものであり、それを防ぐための一時的で有効な措置として女性専用車を設けるのはやむをえない。


しかしながら、やはりないに越したことはない制度であるので、鉄道会社はその措置の必要性をきちんと説明すべきだし、それに代わる有効な痴漢防止策を(費用を投じてでも)考案しようとすべき。




乗車率が一定の割合を超えた車両には絶対に乗客を乗らせないってのが一番いい気がするんだが。
痴漢やアパルトヘイト以前に、あの満員電車がいちばん人権侵害してるし痴漢の発生源だわ。