読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯車 芥川龍之介著

読んだら頭がおかしくなるかと思ったが別にならなかった。
わりとこんな感覚はあるよな、と思った。
「どうもした訣《わけ》ではないのですけれどもね、唯何だかお父さんが死んでしまひさうな気がしたものですから。……」