読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学校4年生のときに2分の1成人式とかいう典型的な小学校的儀式があって、やはり典型的に「20歳の自分へ」という手紙を書き、先生に預けました。
それから早9年が経過したわけですが、先日、その担任の先生からその手紙が郵送されてきました。


まあ、つまり先生が1年早く送っちゃったわけですね。
なんかそういうのミスるなよっていう感じです。
10歳の時にはミステリ作家になりたかった。